守秘義務と個人情報

  • HOME
  • 守秘義務と個人情報

守秘義務と個人情報

医療従事者には守秘義務があります。

職務上知りえた治療の内容、情報は個人の許可なしに誰かに話したり、外部に漏れるということは絶対にありません。

また本人の承諾がない場合、本人以外からの治療内容のお問い合わせにも一切答えられません。

患者さまの個人情報につきまして、「個人情報保護に関する法令」および 厚生労働省が策定した「医療・介護関係事業者における 個人情報の適切な取り扱いのためのガイドライン」を遵守して、 個人の人格尊重の理念のもとに、 個人情報の保護を行うことに細心の注意を払います。